遮熱材リフレクティックスなら守家(0875-83-9871)

qa

リフレクティックス QA


Q1:従来の断熱材との違いは何ですか?

従来の発泡系断熱材は、しばらくは熱を防ぎますが大量の熱をため込んでしまう特性があります。
また空気よりも伝導性が高く、その表面は90%を超える熱放出度となり、日中も夜も熱線を建物内部に放出してしまいます。
リフレクティックスは熱を99%反射し、さらに吸収した残りの1%はエアーキャップにより熱の伝導を阻止。アルミホイルの低熱放出性、空気の低熱伝導性の利点から、両面に空気層を合わせ持つことで輻射熱を反射して伝導熱を断熱することができます。

画像の説明


Q2:他の遮熱材とは何が違うのですか?

リフレクティックスは、アルミ箔をプラズマ溶着しており反射率99%を誇ります。反射率は他の遮熱材より大きいです。
さらにアルミ箔自体の薄さが6μで他社は20μ以上。薄さが重要な伝導熱対策も他に類がありません。
そして、何よりもただ貼ればよいものではないので、遮熱の工法が必要です。その工法を熟知していないと宝の持ち腐れになります。


Q3:リフレクティックスの具体的な効果を教えてください。

99.999%の高純度アルミをシート両面に使用のため、冬の冷輻射熱、夏の暖輻射熱を防御すると同時に室内の暖冷気を外に逃しません。


Q4:リフレクティックスを貼った場合断熱材は必要ないのですか?

リフレクティックスは気密性もあり、かつ特殊工法で伝導熱・対流熱対策もするため、基本的には断熱材は必要ありません。


Q5:リフレクティックスを貼ると、冬は寒くならないですか?

冬も暖かくお過ごしになれます。エアコンや床暖房などで温まった室内の空気が、外に逃げようとする熱を反射させ、その輻射熱で真冬でも室内は暖かです。


Q6:効力が弱ったりしませんか?

半永久的に使える素材なので効果はいつまでも持続します。


Q7:人体や環境に影響するような物質は含まれていませんか?

腐食性や毒性、ガン原生等がなく非常に安全性が高い商品です。また、大気への汚染物質の放出はありません。


Q8:リフレクティックスの耐用年数はどのくらいですか?

全体の層をプラズマ溶着しているので、剥離したり、破れたりすることはありません。また、酸化したり、分解したりすることもなく永久的なものといえます。


Q9:リフレクティックスは、結露対策にも利用できますか?
対照温度差・相対湿度によりますが、空気層設置により結露対策が可能です。


Q10:お手入れやメンテナンスはどのようにしたら良いですか?

リフレクティックスには細菌もカビも増殖しません。また、高圧洗浄機で洗浄することも可能です。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional