遮熱材リフレクティックスなら守家(0875-83-9871)

5

地震に強い家

いつ起こってもおかしくない東南海地震。

今回のリフォームはそれに備えての耐震リフォームでした。

建物全体をやみくもに補修するのではなく、安心して休むことのできる寝室と、一日のほとんどを過ごすリビングをシェルターとして考えて増築し、重点的に耐震性を持たせました。具体的には・・・

◆既存の屋根は、家全体にかかる瓦の加重を軽減するために、ガルバリウム鋼板(瓦屋根に比べて1/5くらいの重さ)に葺き替えました。地震の時に瓦が落ちてくるのも防げます。

◆外壁は、耐震合板を既存の壁の上から貼り、その上にガルバリウム鋼板の外壁材を設置して耐震強度をアップしました。外観もきれいです。

◆増設部分の柱と梁の角部分に制震金物を設置。地震の揺れを1/3に抑えてくれる優れものです。

◆万一の地震の時に、速やかに避難できるように寝室から直結の出入り口を設けました。

◆寝室のドアにはめ込まれたガラスには、避難時にけがをしないように飛散防止フィルムを貼りました。

寝室横にトイレを増設したり、納戸収納や壁面収納でたっぷり収納を確保。スッキリ快適に暮らせます。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional